2年落ちスバル・フォレスター(SK9)の買取価格はいくら?

フォレスター売却 自動車

2年落ち1万9千km走行のフォレスターの買取査定はいくら?

前回の記事でも少し触れたように、2020年7月末に2年間乗ってきたスバル・フォレスター(プレミアム)を売却してきました。この8月に新型レヴォーグの注文を予定しており、先日12ヶ月点検でディーラーに入庫した際に下取り査定をしてもらったのですが、買取店の方が査定は良いというセールス氏のアドバイスや様々なネット記事を受け大手買取店で査定をしてもらったのです。その際、私はカーセンサーで一括査定を依頼しましたが、1店舗目の大手買取店で希望に近い買取価格の提示があったので即決し売却となりました。

そんな経緯があったわけですが、私が乗っていたフォレスターの詳細は以下のとおりです。

【グレード】プレミアム
【メーカーオプション】ルーフレール、パワーリヤゲート、アイサイトセイフティプラス(視界拡張)
【ディラーオプション】パナソニック製ビルトインナビ、ETC2.0、ドライブレコーダー、リヤビューカメラ、フロアマット、リヤバンパーパネル、ボディコーティング、点検パック

以上のような内容で、乗り出し価格は約380万円弱、2018年夏のフルモデルチェンジのタイミングで購入しました。

そして、気になる売却価格はズバリ285万円です。

参考までにディーラーの下取り査定は215万円、トヨタ系ディーラーでは210万円です。ちなみにディーラー査定は買取店より引渡し時期が約2ヶ月後、トヨタ系ディーラーでは約4ヶ月後の条件となり、買取店とは異なるため単純に比較はできませんが、やはり買取店の方が好条件でした。

ちなみに買取店でコロナウィルスの影響などについて質問しましたが、売りに来る人も減り車種によっては在庫が足らないということがあるそうで、需要がしっかり見込める車種については変わらず高価買取ができるそうです。