歩いていこうの塩らーめんを初体験!-広島人気ラーメン店

塩らーめん ラーメン

何度も通って初めて食べられた歩いていこうの塩らーめん

5月23日、私が大好きな広島市中区国泰寺にあるラーメン屋「歩いていこう」に行ってきた。コロナの影響もありここ最近は休みが続いていたようだが、緊急事態宣言後はじめて土曜日休みとなり店の前を通ってみたら準備中とあったので訪問した。実は宣言前にも休日に店前を通ってみたのだが、あいにく店も休みだったようで久しぶりの訪問となった。

「歩いていこう」といえば、白濁した鶏白湯スープスパゲッティのようなツルッとした麺、しっかりと味付けされた激うまチャーシューが特徴のラーメン屋だ。休業日は日曜日なのだが店主は味に相当なこだわりがあるのか、訪問しても店が開いていないということに高頻度で当たってしまう個性的なラーメン屋だ。だからと言って店主は決して絵に書いたような恐ろしい頑固オヤジというわけでもなく、あたりが柔らかくややハニカミながらしゃべる人見知り感たっぷりな人柄なのだ。

ちなみにこの日は私は入店2番目で、どうせすぐに満席になるからと詰めて座ったのだが、苦笑いされながら「ソーシャルディスタンスってやつです。」と移動を促された。(←けっして気分を害したわけではない。)

そしてこの日食べたのはタイトルにもある通り「塩らーめん」(750円)といつも一緒に食べる「チャーシューごはん」(290円)。

この歩いていこうに通い始めて足掛け数年、初めて「塩らーめん」を食べた。

土曜日しか行くことができず、いつも「醤油らーめん」(700円)しかやってなく、「塩らーめん」が食べられることがないのかと思っていたのだが、幸いというかなぜだかわからないが今回「塩らーめん」が食べられた。(そのかわり醤油らーめんは休みだった。)

土曜日は醤油らーめんと決まっているかと思っていたのだが、偶然なのだろうか。

肝心の味であるが、基本的にスープはほぼ同じと思われ、いつもの濃厚な鶏白湯で確かに「塩」の旨味と結構な香りがする。例えるには不適切だが、サッポロ一番塩ラーメンに似た風味が漂っている。だが、塩ラーメンというとサッパリした味を想像するだろうがこれは濃厚な塩ラーメンだ。

塩らーめん

以下の画像はこれまで何度も食べた醤油らーめん。スープが白濁していることもあり、これが醤油ラーメンとは思えない色で、味も普通の醤油ラーメンよりも醤油の主張がない。塩と醤油を比較しても少し色が違うようにしか見えない。

醤油らーめん

塩らーめんと醤油らーめんを比べた場合、個人的には醤油らーめんの方がより好みだと思った。それはなぜだろうか、よりラーメンらしさが強いからのような気がする。

価格は醤油らーめんに比べて50円高い750円。素人でも塩ダレを作るには手がかかりそうだと想像がつくので、まあそういうことなのだろうか。

この店に来るたびに思うが、このレベルのラーメンが700円程度で食べられるのは立派だと思う。

歩いていこうのチャーシューごはんは必須メニューである

 先にも述べたがこの日もチャーシューごはんを食べた。ゴロゴロにカットされこんなに盛られたチャーシューごはんが290円なのだから食べないと損である。他のラーメン屋に行く時、結構な確率でご飯ものを一緒に頼むが、ここのチャーシューごはんを超えるコスパの良いサイドメニューのご飯ものはない。だいたいの店は300円越で、乾きかけた白飯に細かく刻んだチャーシューに適当にネギをパッとかけているだけ。

歩いていこうのチャーシューごはんは、チャーシュー麺用のチャーシューなのだが、しっかり味付けされており、食べ応え満点である。

もし、ご飯が売り切れだったらチャーシュー麺を食べるのがおすすめである。

チャーシューごはん

味音痴の人は行かないことをおすすめする

私自身、自分の味覚が確かであるとは思わないし、以前にも書いたことがあるのだが、

ラーメンはとにかく熱々でなければダメ!みたいな思考の人間は行かない方がいいだろう。

特にGoogleマップや食べログのレビューに、スープがぬるい、ありえない、不味いみたいなことを平気で書いてしまう人間は。

ここのラーメンは熱々のスープではない。

だけど、その分しっかりと味わえるよ。