横川駅前すし久のランチタイム限定のラーメンを食べる

すし久 グルメ

すし久「寿司屋こだわりの鯛だしらぁ麺」が美味しい

広島市西区横川のJR横川駅南口すぐそばにある寿司屋「すし久」でラーメンを食べてきた。寿司屋でラーメン?と思うのだが、この寿司屋は同じ横川で私も大好きなラーメン屋「九重商店」を経営しているとのことで、ランチタイム11:00〜15:00のみラーメンを提供しているらしい。そして、ラーメンのメニューは「寿司屋こだわりの鯛だしらぁ麺」のみである。ちなみにこのラーメンは鯛めしとのセットとなっていて、価格は950円。

開店直後に入店したので客は私一人のみ。店から出るまで他に来客がなかったのは時間が早かったからだろうか、それとも土日は意外と人の入りが悪いのだろうかわからないがゆっくり食べることができた。

メニューはラーメンのセットしかないことを確認されて待つこと数分、まずは鯛めしが出てきた。小ぶりなお椀に入った白飯の上には鯛の切り身が3枚だったか4枚だったか忘れたのだが乗っており、そこにゴマだれとワサビがある。メニューを読むとラーメンのスープを入れてお茶漬けのようにするらしいのだが、その前にそのまま食べてみて欲しいとの記載が。

すし久メニュー

ということでそのまま食べてみるのだが、そこはまあ当然というか、寿司屋なので鯛はプリッと歯応えがあり白飯も美味しい。ゴマダレはスープを足すのを前提としているからだろうか鯛の切り身と白飯の量の割には分量が多い。でもこれだけで十分美味しい。

鯛茶漬け

さらに待つこと数分、ようやくラーメンが登場。見た目は上品でどうみてもそこらへんのラーメン屋では見られない姿をしていた。ちなみにこの日はサービスで鯛のチャーシュー(薄切りの鯛を炙ったものである)をのせてくれたとのこと。

鯛だしらぁ麺

スープを一口飲んでみるとこれがかなり熱いのだが、それでも鯛の出汁とはっきり分かるほどの旨みが広がる。スープの香りに生臭さが一切ないのはさすが寿司屋だからだろうか。麺は極細で全粒粉?というやつみたいだが、個人的にはもう少し麺の主張があってもいいような気がするのだが、上品な鯛だしのスープを味わうべきラーメンなのかもしれない。乗っている具については、鯛チャーシューは香ばしく薄切りなのだが身が崩れることなく鯛の味を楽しめるし、チャーシュー肉は低温調法というのだろうか、レアっぽい見た目で食べてみるとジューシーでしかもレア感がなくなっても硬くなることはなくジューシーさは変わらない。

丼にちょこんとついているのは柚子胡椒で途中で少しずつ味を変えられるようになっている。元々飽きるような味ではないのだが柚子胡椒を溶かしても美味しい。

麺を食べ切った後スープを鯛めしに入れてみたが、濃厚なゴマダレがちょうどいい具合に薄まり、鯛だしと合わさって本当に上品なお茶漬けを食べているようだった。

こんな上品なラーメンセットが950円で味わえるなんて滅多にないでしょう。食べた後は良いもの食べた感があります。

すし久ランチ