新型ハリアーハイブリッドに試乗してきた。

ハリアーハイブリッド トヨタ

ハリアーハイブリッドGのFFに試乗してきた

タイトルの通り新型ハリアーハイブリッド、グレードはGの2WDに試乗してきました。1週間前にガソリンモデルを試乗してきましたが、翌週にハイブリッドと入れ替わるということで予約を入れてもらっていました。

(サムネイル画像は展示車です)

試乗車に乗り込んだ印象から。試乗車はレザーパッケージ車ではありませんでしたが、非常に見た目の質感が高いのが目にとまります。特にシートは合皮とファブリックの組み合わせではありますが、デザイン的にも色味からちょうどいい感じの2トーンカラーに見えることから、なかなかおしゃれな印象を与えます。

動き出してからはさすがはモーター駆動でガソリン車とは違ったトルク感で余裕を感じます。静粛性については現在乗っている車により印象は異なるでしょうが、正直なところ、現行フォレスターのガソリンモデルに乗っている私からすると驚くほど静かという風には感じませんでした。たしかにエンジンオフの状態では当然エンジン音が発生しないのですが、その他雑音が入ってくるため上記の印象となりました。

ハンドリングについてはガソリン車の方が良かった印象です。ハイブリッドは車体全体が重いせいなのか、あるいはバッテリーなどの重量物がどこかにあるせいかなのかわかりませんが、ハンドルを切り姿勢が変化したときのバランスの悪さ、違和感が伝わってきます。

ただし、動力性には絶対的な差があるため、もし購入するとなればハイブリッド一択だと私は思いました。ガソリン車はハイブリッド車と比べなければ十分だと感じるのでしょうが、一度ハイブリッドに乗ってしまうとそのダルさに不満を覚える方は多いと思います

良い車ではあるが決して楽しさを求めてはいけないと思った

今回、2週続けて新型ハリアーに試乗させていただいたわけですが、私の想像以上にハリアーはシッカリ感に富むよくできた車であることがわかりました。それに加え私が乗っているフォレスターとは比べ物にならないほどの見た目の高級感があり、大人気である理由がよく理解できます。YouTubeのジャーナリストの試乗動画でも意外なスポーティーさを指摘する声もあったりして、クルマとして間違い無く進化、レベルアップしているものと考えられます。

ただし、それでも普段スバル・フォレスターに乗る私からすると操作に対するダイレクト感の少なさや身のこなしのもっさり感が印象に残り、決して「楽しいクルマ」ではないことがよくわかりました。実際にその楽しさを求めるユーザーはいないと思いますが。

高級感やリセールバリューを求める方や、特にコレだ!という欲しい車がない方、元々ハリアーに憧れを持っている方、見た目が好きな方には満足できる立派な車だと思いました。