久しぶりのらーめん屋歩いていこうに満足する

歩いていこう ラーメン

広島市の超人気ラーメン店の歩いていこうに行くことができた

2020年3月7日(土)、過去このブログでも書いたことのある私が大好きな広島市中区国泰寺にあるラーメン屋、歩いていこうに行ってきた。実は最近、土曜日が休みのとき午前11時30分ごろにこの店に行っていたのだが、なぜか店の休みが続いて食べることができなかったのだ。そしてこの日も行ってみたのだが、幸いにも開店するようでちょうど列ができ始めていた。(私は6人目に並んだので開店直後に座ることができた。)

注文したのは醤油らーめんチャーシューごはん。他にも券売機には塩らーめんがあるのだが、この日は醤油らーめんのみだった。この日はというか、今まで土曜日に行って塩らーめんをやっているのを見たことがない。一度塩らーめんを食べてみたいのだがその日は来ないような気がする。

注文した醤油らーめんはこちら。醤油らーめんといっても醤油の色をしていない。キッチンを眺めていたのだが、元のスープは完全に真っ白な色をしており、醤油ダレを加えたところわずかに濁る程度だ。ここのラーメンはスープの量が少なく、相対的に麺が占める量が多いのでぬるく感じるかもしれない。だが味は間違いなくおいしいスープがぬるいと批判レビューを書く奴は味音痴と思って間違いなく、参考にする必要は全くない。なぜなら熱いと舌は鈍感になり味なんてわからないからだ。なんでもかんでも飯は熱いものが美味いというやつはバカ舌である。

醤油らーめん

そして、一緒に注文したチャーシューごはん。この店はチャーシューが美味しいのも特徴なのだ。少食でない限りチャーシュー麺あるいは、普通のラーメンとチャーシューごはんを注文するのがおすすめ。体調によっては胃がもたれるかもしれないが、歩いていこうのチャーシューを食べないのは絶対に損。ちにみに遅い時間に行くとごはんが売り切れになるので、チャーシューごはん、白ごはんを食べたい人は早めに行かなければならない。

チャーシューごはん

たまに店主についてレビューを書く人がいるが私の印象はというと。

まあ、たしかに元気はない。だが不快なことなんてない。いらっしゃいませ、ありがとうございました。と普通に挨拶する。

一度、私が遅い時間に訪れたときごはんがちょうど売り切れてしまい、券売機で買おうとしたら苦笑いしながら「ごはん売り切れました。」と言うし、一番奥の席が空いていることに気づかず立って待っていたら微笑みながら「お客さん、空いてますよ。」と言うし、まあ普通の中年男性だろう。

ラーメン700円、チャーシューごはん290円。この値段でこの味が食べられてとても満足だ。