ドイツのOPEL(オペル)が2021年に日本再上陸

オペル 海外

大衆車メーカーのオペルを誰が買うのだろうか?

車好きなら数ヶ月前から知っている人もいるだろう。2021年にドイツの大衆車メーカーオペル日本で再び販売を始める

個人的にオペルといえば、少年時代にレースゲームの「グランツーリスモ」でアストラという車のレース仕様を使った記憶があるぐらい。当時は黄色と黒と白のカラーリングがカッコよく、ただそれだけでアストラを使っていた。アストラそのものはそんなに速くなかった気がするのだが。

そんなオペルだが、欧州ではどういうポジションにあるブランドなのだろうか。これは実際に欧州に住んだこともなければ行ったこのもないのでわからないのだが、様々な自動車記事を見る限りでは日本車や韓国車、東欧車と並ぶ正に庶民のための庶民車であると推察される。

では、そんなオペルが2006年に撤退したにも関わらず、なぜ再び日本で販売を始めるのだろうかさっぱりわからない。オペルはGMグループから移り、現在はフランスのPSAグループ(プジョー・シトロエン)の傘下にある。フランスやイタリアの車であればそれぞれ独自の世界観を持ち根強いファンはいるのだろうが、プレミアム性もない、品質もよくはないであろう車をいったい誰が買うのだろうか。と思う。

オペルの現在のラインナップ

ここでオペルの現在の主なラインナップを見てみる。

まずは、コルサCORSA)。なかなか可愛いのではないか。日本だとデミオ、ヤリスあたりと同クラスと思われる。

コルサ

次はアストラASTRA)。これは数年前に英国自動車番組TopGearで見たことがあるのでモデルとしてはそこそこ古いはず。日本ではカローラ、インプレッサ、マツダ3と同クラスだろう。

アストラ

次はクロスランドXCROSSLAND X)。これはたぶんコルサをベースにしたSUVだろう。日本ではヴェゼル、CX-3あたりがライバルか?もう少し小さく見える。もしかするとトヨタ・ライズ(ダイハツ・ロッキー)に近いかもしれない。

クロスランドX

次はグランドランドXGRANLAND X)。日本で言えばスバル・XV、トヨタ・C-HR、マツダ・CX-30のクラスのようだ。

グランドランドX

次はインシグニアINSIGNIA)。日本で言えば、トヨタ・カムリ、マツダ6あたりだろうか。

インシグニア

最後はコンボCOMBO)。どうやらこれはバンのようだ。日産のNV200バネットに近いだろうか。商用車のように思えるが。

コンボ

ざっと見てオペル車の印象はどうだろう。すべてFF車丸出しのプレミアム性を感じる外観ではないがそれなりに独自性を持った外観ではないだろうか。

日本に導入されるモデルは?

既に発表された日本導入予定のモデルはグランドランドXコルサコンボライフ(コンボの派生車?)の3種である。最後のコンボライフというのが詳細は不明だが、グランドランドXコルサについては老若男女、庶民に親しみやすそうに見える。わざわざオペルを買おうと思う人は少ないと思うが、個性的な車が選べることはいいことだと思う。ぜひ成功してもらいたい。