スターバックスの紙ストロー不味い問題

スタバ紙ストロー カフェ・喫茶

スタバのストローが紙になりコーヒーがまずいと感じる

昨日、スターバックスに行ってきた。少し休憩するだけだったので最も安いドリップコーヒーを(アイス)を飲んだのだが、なんと紙ストローで出てきた。

近年、プラスチックゴミの海洋投棄問題でプラスチック製品の使用を控えようという動きがあってその一環だと思われるのだが、口につけると「紙の味」がしてとてもじゃないが美味しくない、不味いのだ。プラスチックストローに戻して欲しいと思った。

そもそも、店内利用なので出たゴミはその店舗によってきちんと分別、廃棄されるわけでわざわざ紙ストローに変える必要は全くないと思うのだがなぜだろうか。

ついでにレジ袋有料化についても一言物申したい。わたしは平日は出勤時にコンビニで昼食を買っていくのでレジ袋を利用するのだが、このレジ袋を減らそうという取り組みには全く賛同できない。レジ袋がなくなれば製品の包装がバラバラになって捨てにくいからだ。とくにビニール製品なんてのはちょっとした風で吹き飛んでしまうので、ゴミを捨てる為にレジ袋を使っていた私としてはそれが有料になるなんて、と思ってしまう。まあ、3円ぐらい払うのはなんてことないのだが、袋がいるか要らないかのやりとりが面倒くさいし。

噂ではレジ袋やストローというのは石油製品の生成時に余った資源を利用して作っているらしく本当は環境に優しいらしい。ゴミをポイ捨てさせなければなんの問題もないと思うのだが。今日は車にもグルメにも関係ないしょうもない記事でした。